HOME > 横浜YWCAからのお知らせ

横浜YWCAからのお知らせ

横浜YWCAからのお知らせ


2023年02月01日
【Yカフェ パーショ 2月ランチ予定】
Yカフェ パーショ 2月ランチ予定

2/ 1(水)ハッシュドビーフ
2/ 6(月)タコライス
2/ 8(水)タイカレー
2/13(月)ジャージャー丼
2/15(水)ガパオライス
2/20(月)マーボー丼
2/22(水)お楽しみ
2/27(月)タイカレー

★毎週 月曜・水曜ランチ(800円)提供 
  +¥100でコーヒー(hot/ice)紅茶(hot/ice)
★火・木・金はスープセット(650円)販売 
★営業時間:11-15時 
★定休日:土日祝、2/9(木)、2/23(木)


★行政から感染症対策に関する通達があった際は、
営業時間やメニュー等変更になる場合がございます。

2023年01月01日
【Yカフェ パーショ 1月ランチ予定】
Yカフェ パーショ 
1月ランチ予定 

1/11(水)ハッシュドビーフ
1/16(月)マーボー大根
1/18(水)ガパオライス
1/23(月)タイカレー
1/25(水)お楽しみ
1/30(月)ガパオライス
2/ 1(水)根菜カレー


★毎週 月曜・水曜ランチ(800円)提供 
  +¥100でコーヒー(hot/ice)紅茶(hot/ice)
★火・木・金はスープセット(650円)販売 
★営業時間:11-15時 
★冬季閉館:12/29(木)~1/5(木)
★定休日:土日祝、1/12(木)、1/26(木)
★行政から感染症対策に関する通達があった際は、
  営業時間やメニュー等変更になる場合がございます。

2022年12月05日
【Yカフェ パーショ 価格改定のお知らせ】
価格改定のお知らせ 

平素はパーショをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます!!
このたび、ウクライナ情勢や円安などによる原材料等高騰に伴い、従来の価格を維持することが困難な状況となってしまいました。
つきましては品質の維持・向上に勤めながら下記のとおり対応させていただくこととなりましたのでご案内申し上げます。
誠に恐れ入りますが、引き続きお客様に喜んで頂けるよう一層努力してまいりますので、今後もご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

2022年12月5日(月)~

◆価格改定のもの(税込) 
            原価格    改定後
ケーキ単品  250円 →300円(ケーキセット550円→600円)
スープセット   550円 →650円
ランチ        700円 →800円

◆価格据え置きのもの(税込) 
ドリンク            300円
セットドリンク    100円

2022年11月01日
【会議室・ホール ご利用受付中!】

日曜・祝日あり!! (ホールのみ) 
格安!!

横浜の中心地・関内の横浜スタジアムすぐ横にあります。

都心からもアクセス便利です。

30名の会議室のほか、最大150名(イスのみの場合)まで可能な多目的ホールがあり、こちらはヨガや各種ダンスなどに最適なフローリングです。クラッシックなどの音楽会、映画上映会にもご利用いただけます。また机とイスをセットしての講習会(約75名)にもご利用いただけます。

単発でのご利用以外にも、毎月や毎週の定期的なご利用も募集しております。 スクールや教室の主催者様も、お気軽にお問合せください。

※耐震改修工事、実施済みです。

「横浜市耐震改修済証」.jpg


ご利用料金について

  • ご利用料金は、
     「午前(9:00~12:00)」、
     「午後(13:00~17:00)」
     を「1コマ」としての料金です。(※1時間あたりの料金ではありません)
  •  

      ↓↓以下、クリックしてください↓↓

ご利用日・時間・休館日

ご利用時間は、9:00~17:00です。

 但し、1時間のみ(18:00まで)延長可能です。

ご利用時間には、準備・後片付けの時間を含みます。

終了時間を10分以上過ぎた場合は、1時間の延長料金を頂きます。

ホールのみ、「夜間(18:00~21:00)」のご利用も受け付けております。

ホールのみ、日曜日・祝日のご利用も受付ております。

ホールの日曜日・祝日の料金は、通常の料金の1.5倍になります。

ご利用日の原則1か月前までに、ご連絡ください。

1か月を切ってのお申込みは、ご相談ください。

夏期(8/11~17)、クリスマス(12/25)、年末年始(12/29~1/5)は休館です。


ご利用の流れ

①空き状況の確認(電話・E-mail)

②ご予約(電話・E-mail)

③お支払い(当日)


ご利用申し込み

予約受付時間: 月曜日~土曜日 9:00~17:30

  • まずは、お電話・メールまたはご来館の上、空き状況をご確認ください。
      ■電話番号:045-681-2903
      ■Eメール:info@yokohama-ywca.jp
  • ご利用予定日の6ヶ月前より受け付けを開始致します(年間利用の方は除きます)。メールの場合は回答に2~3日かかることがございます。お急ぎの場合は電話でお問い合せください。
  • ご利用のお申し込みは、「横浜YWCA利用案内」にご同意のうえ、「利用申込書」をご提出ください。



    <101号室>
  •  「利用申込書」のご提出をもってお申し込み完了となります。

    <ホール>
     「利用申込書」のご提出と合わせ、予約金5,000円をご入金ください。
     当団体による入金確認をもって、お申し込み完了となります。



    「利用案内」はこちら↓↓↓
       横浜YWCAご利用案内(PDF)

    「利用申込書」はこちら↓↓↓
        横浜YWCA会館利用申込書(PDF) 

ご利用料金のお支払いとキャンセル料

    • お支払いは、ご利用当日に現金にてお支払いください。ご希望の方は、振込でもご入金いただけます。
    • 請求書がご入用の場合は、ご予約の時にお申し出ください。
    • ご利用予定日14日前より、以下のとおりキャンセル料(税込金額に対してになります)を頂きます。
    •  ※ホールの予約金は、15日前より前にキャンセルされた場合も
    •   返金致しかねます。あらかじめご了承ください。
    14日前~8日前20%
    7日前~前日30%
    当日100%

    ご利用上の注意点

    • 当会館にはエレベーターがございません。階段のみになります。
    • 室内の机、椅子の移動は自由です。使用後は必ず元の配置にお戻しください。
      ホールのイス・机のご利用に関しましては、ご利用者様で倉庫とロビーにありますイスと机のご準備・片付けをお願いしております。ご了承ください。
    • 1階のカフェより、お飲み物の出前も致します(平日のみ)。
    • その他、ご利用上の注意については、「横浜YWCA利用案内」をご覧ください。
        「横浜YWCA利用案内」


2022年06月30日
【ウクライナ支援募金の呼びかけ】
ウクライナ支援募金の呼びかけ


日本YWCAはウクライナへの支援募金を呼びかけています。
お寄せいただいたご寄付は、協力団体・ネットワークを通じ、
 ◆YMCAの行う緊急支援活動 
 ◆YWCA World Service Council(米国・YWCA世界奉仕協議会)に
  よる女性や少女のための中長期支援
を通じて現地に届けます。


◎日本YMCA同盟は、以下のような活動のため、ウクライナ緊急支援募金を呼びかけています。
1.ウクライナYMCAが行う、爆撃地や攻撃を受ける可能性のある居住地域から国内避難する人々への支援活動のために用います。ウク ライナYMCAは国内25拠点を用いて、宿泊場所提供、食品、衣類、医薬品、衛生製品を提供しています。また、恐怖心・トラウマを抱える子どもと若者に、心理的、社会的な緊急サポートを行います。

2.ウクライナ近隣諸国のYMCAが行う、国外に避難するウクライナの人びとへの緊急生活支援のために用います。
(日本YMCA同盟ウェブサイトより)
詳細はこちら


◎YWCA World Service Council(米国・YWCA世界奉仕協議会)は、今後世界YWCAが行う中長期支援活動を支援するため「ウクライナ支援基金」を立ち上げています。
同基金は、戦争状態が終結し、メディアの関心が薄れ紛争地での緊急救援にあたるNGOが活動を終了させた後のフェーズにおいて、現地のウクライナYWCAが活動を再開し、地域の女性・少女たちのニーズ、国内の状況に応えていくための資金になります。また周辺国に逃れた難民の人々への支援にもなります。
現在は場所や資材の確保を含めて活動が困難な状況にある現地のYWCAですが、女性や子どもたちが戦争の傷を乗り越え、生活を再建する手段を確保するため、ご協力を必要としています。
詳細は こちら


●ご寄付の振込先
郵便振替 00170-7-23723 公益財団法人日本YWCA
※通信欄にウクライナ支援募金とご明記ください。




ウクライナYWCAからの声
ウクライナYWCAのFacebook投稿記事より
原文:https://www.facebook.com/YWCA-of-Ukraine-169545246426887/

(3月12日 23:07投稿)
私たちは長い間何も書いていません... 今はなかなか時間が取れず、集中できない状態です。たくさんのYWCAの女性がキエフ市とオブホフ町に滞在しています。毎日キエフの近くで激しい戦いがあり、砲弾が爆発しています。
しかし、私たちは、精神の強さと平和への願いが、すべての爆弾や銃よりも強いということを、確実に知っています。私たちと一緒に、光と善と平和を発信していきましょう。敵を呪わず、平和を願いましょう。世界中の女性たちの明るいメッセージが、私たちの地球を光と愛で包み込みますように。 そうすれば、地球上のすべての戦争はなくなるでしょう。
ウクライナYWCAの女性たちより

(3月13日 20:23投稿)
昨日、重機関銃は一晩中発砲し、砲弾は絶えず爆発していました。私はひどい夢を見ました...高層ビルはすべて黒く、窓は赤でした。空襲警報の音で目が覚め、もう眠れなくなった。晴天にもかかわらず、空は黒いベールで覆われ、近くで何かが燃えていました。
私たち家族はキエフを去らずに残りました。なぜか?おそらく、神のご意思でしょう。
開いているわずかな薬局や商店には長い行列ができています。人々は水と食料を買いだめしようとしています。私たちは皆、ロシア軍がキエフの中心から30kmと非常に近いところに迫っていることが知っています。自分たちの街と家族を守る決意をもって、検問所で武器を持って立っている若い男性たち、病院や弱くて完全に無防備な人々に薬を届けるのを恐れずに助けている若い女の子たちを目にします。
この夜は静かだった。
朝には鳥が鳴き、何も悪いことは起きていないかのように雪が少し降っていました。私は怖れているでしょうか?そう、他の生き物と同じように。しかし、私の中には平和があります。なぜなら、私はいつも全能の神を信頼しているからです。これは私たちの多くにとって試練であり、神が私たちを困難に陥れることはないと私は知っています。
ナターリヤ・ウリアネッツ
ウクライナYWCA会長

(3月16日 02:11投稿)
今日はひどい夜だった。侵略者はキエフの武器工場を爆破し、地下鉄の駅を破壊し、爆弾とその破片がキエフのほぼ中心部のいくつかの住宅に衝突しました。 でも、それ以外の話をしたいんです。明日は35時間の外出禁止令が出たので、明日は家を出ることができなくなります。 そこで今日は散歩して野菜を買うことにしました。日差しが明るく、春の暖かな陽気でした。
半分以上空っぽの店の近くで、ジャガイモ売りを見かけた。 彼はリンゴと...チューリップも売っていました。 そう、そう、チューリップです。今は一枚一枚のコインを数えて節約する必要がありますが、私は、この春と美を告げる花を購入しました。それは人生と愛の使者です。今、もうここで普通に花を買うのは不可能です。でも、いつものように、私の守護天使は私を幸せに感じさせてくれました

1  2  3  4